65flag-q&a
関東選手権に出場してないキッズ達の「フラッグルールの認識が低い」って聞いたのと、65ライダーから「俺達にも何かくれ」って言われたので、11月8日「カンミニプラス」で65クラスのキッズ達に「フラッグクイズ全問正解で〇〇ゲット」を開催しました。

DSC02342
 
関東戦出場経験がないってことは「ライセンス講習会」に参加経験がないライダーが多いと思うんだけど、全て答えられるライダーがほとんどでした!
実際にレース中に認識して実行できなきゃいけないんだけど、レース前にフラッグを認識して意識できるのは良いことかもしれない。
交流を持つことで子供達と他の話もできるから、12月も同じ内容で「フラッグクイズ全問正解で〇〇ゲット」を開催しようかな。と考えてます!

DSC02343

目指せ!子供達のたまり場。
次回のカンミニプラスもよろしくね!!

こんにちは!広報スピードくんです。
今回は2018年10月にスタートしたGMXキッズの活動を通じて感じた事を書きます。
「協賛する立場」「運営する立場」両方を経験した事をリアルにお伝えします。
少しでもキッズの環境向上につながれば良いな。

GMXキッズのコンセプトは・・・
「子供達が一生懸命がんばれる環境を提案提供する」です。
 私達が80-90年代にキッズから18歳運転免許を取得するぐらいまでに経験し、成長し、夢を見れた素晴らしい環境に近づけるために30代40代のOGとOBが集まり活動しています。


活動源泉は・・・
キッズ時代に大勢の大人の方々に用意してもらった素晴らしい!環境を今度は自分達が作る時だと思っています。
当たり前ですが順番ですね。
先輩後輩原理です。
 
2018年から協賛やスポンサー活動を始めてみたら・・・
「関東戦CX-Aのエントリー台数が3台にビックリ」
すごくショックでした。

どうしてなんだろう?と私達の立ち位置から考えてみました。
原因は、80-90年代に比べて「環境を作るプロが減った」です。
と同時に応援してくれる大人が「楽しい」と思っていない。
ファンだったり、パートナーだったり、スポンサーだったり立場はそれぞれですが、主役であるライダーを応援してくれる大人が、その活動を楽しめていない場合が多い。
実際、私達にもそういう事が起きました。

「環境を作るプロが減った」といっても「ゼロ」ではなく、現在も少数ですがプロが残っていますし応援してくれる大人もいます。
まだまだ!にぎやかに!なる。
昨日、関東選手権CX-Aのエントリー台数が開幕戦の3倍に増えた事を聞いて再確認しました。

主役のライダーはいつも危険と背中合わせで走っています。
主役がもっと輝く環境を作りたい。 

私達は問題定義もしますが、解決策も準備して活動していきます。

まだまだ、不足してますが解決策の1つとして・・・


kanmini1

モトクロスは楽しい!もっとみんなで楽しみたい!!

今後もコツコツ急ぎ足で活動します。

fun-motorcycle

ずいぶん放置していましたが「GSPEED-TOKYO」ブログとして再開します。
2006年開設当初以降の記事もそのまま残してます。
ご興味があれば読んでみてください。

GSPEED-TOKYOが行っている「環境整備」「普及活動」など各コンテンツに関わる内容を情報発信します。

今後はリアルな現状を発信し、目指すはマイナースポーツから一般社会に認知されるスポーツ。
ちょっとイケてないですが、現状はそんなところではないでしょうか。
今必要な事は、落ち込んでしまった現状をせめて10年前の環境に戻す事からだと思います。

モトクロスは楽しい。
もっと楽しみたい。

スクリーンショット 2018-08-11 9.11.31

ホンダモーターサイクルジャパン、TE SPORTのバックアップでガールズライドアウトを
ジャパンウィメンズレーシングで初開催します。
参加対象者は女性。
すでに経験のあるライダーも経験のないライダーも参加していただけます。
バイク持ち込みでも、フルレンタルで参加可能です。
ファンライドありスクールありイベントあり!
参加募集は8月22日くらいに始めます。
会場はモトクロスビレッジです。
乗って笑って食べて大騒ぎしましょう! 

manakakawai

もうすぐ完成。
TESPORT川井麻央選手のオフィシャルサイト。
私達が大好きな!
豪快でカッコイイ川井選手の情報をお伝えして行きます。

アシュリー・フィオレック。
現在は引退してスクール他で活動中。
2005年には来日してレースしました。
 
2008年から2012年までアシュリー・フィオレックが牽引したアメリカのプロリーグAMA WMXは
現在のFIM WMXより刺激的でカッコよかった。
アシュリー・フィオレックをジェシカ・ペダーソン、タラ・ガイガーが追いかけ回す。
さらにトップ10までにサラ・プライスなど個性的で速いライダーが揃ってました。 
 
AMA WMXはOG達が中心となって組織化しシリーズ化。
世界中のライダーがココを目指しました。
 
日本からはV8チャンピオン鈴木沙耶が2000年代初めにチャレンジ。
私の記憶だとヒート6位ってあったような。
次の日本からチャレンジは金城さやか。
家族でアメリカに移住して参戦!!
アメリカホンダのファクトリーまで上り詰めました。
最後にチャレンジしたのは益春菜。
GEICO HONDAからスポット参戦。
ホールショットから転倒の5位。
これ以降日本人の参戦はありません。 

この動画はそんな華やかな時代の動画でレッドブル制作。
人気実力があり、こんな空気を持つアシュリーフィオレックだから人気スポーツに
なったんだなって思います。
日本にもこんな感じの時代があって楽しかったな。

現在のAMA WMXは当時ほどの環境ではなくなってしまいFIM WMXが目指す場所。
次の日本からのチャレンジは誰だ!!

 


 

interview-itsuki-hasegawa

2月にメリリーモトがアップしたインタビュー。
モトクロスが1番遠かった樹ちゃんが今では1番モトクロスに近いかも!
スタイリッシュな主婦ライダー。
「えーモトクロスー・・・」が「大好きモトクロス」に変わった。
実録インタビュー。

touring-1

JWRサポートイベント「メリリーモト」のツーリングイベントのお知らせです。
今回は茨城篇。
バイク大好き、食べるの大好きな女性ライダーにオススメ!!
エンジョイ!!!! 

34777605_943146979203870_4456291421598515200_n

6月3日 日曜日開催のウイークエンドレーサーズに、この夏(7月中旬)スタート予定の新企画準備としてSCRAPPYGIRLS TEAM-Aの立澤杏実(高1)が参戦しました。
新企画は弊社JWRを発信源とし、業界外に向けて情報を発信しカッコカワイイ女性ライダーが増加することが目的です。
順次準備ができたことからお知らせしていきます!
モトクロスがもっと賑やかに華やかになるために!! 

33540396_1768846823184996_6505876225003618304_n


昨年の全日本初優勝からメキメキ実力をつけているTE SPORT川井麻央。
カワイマオではなくカワイマナカ。
高校1年生。
TE SPORTは全日本チャンピオンを9回獲得した日本モトクロス界のレジェンド「東福寺保雄」監督が率いるチーム。
チームは多くのトップライダーや開発者、メーカーワークスチーム主要メンバーを送りだしています。

川井麻央はTE SPORTが開催するスクールでモトクロスを始めた生粋のTEライダー。
今年は全日本選手権3戦終了時でランキング2位。
未来の有望株。

固く書くとこんな紹介。

今回、川井麻央のオフィシャルサイトで使う写真をモトビで撮影。
初めて同じ時間を過ごしました。
制服で登場した時は普通の女子高生。
1つモトクロスアイテムを身につけたら一瞬でトップライダーの空気に変わりました。

本人の持っている「素」がイチバンなのだろうけど、チームのライダーに対する気持ち、親御さんの気持ちがすごく後押ししていると感じました。

これから一緒に仕事してもらえると思うと幸せな気持ちになります。
たくさんの人達にTE SPORT川井麻央のモトクロスを見て驚いて応援してもらえるといいなー。

33430695_1768350769901268_5710098430928355328_n


写真は乗れてカッコカワイイカメラマンnohito_m

32686216_2486561161369507_2498382639291957248_n

女性・新規顧客層・20代30代に向けてJWR発信で新企画始めます。
その名も「MOTOMAEDA」
MOTOMAEDAって誰!?
MOTOMAEDAは全日本モトクロス関東大会プログラムの表紙の女の子。
20代大人女子MOTOMAEDAがモトクロスを通じてタノシイサワギオコシマス。
海の日にスタートします!
レースしてモデルしてカメラマンもするアクティブでクリエイティブなMOTOMAEDAが
MOTOMAEDAの目線でアクティブでクリエイティブな情報を発信していきます。
ずーっとやりたかったこと。
やっと素敵な人見つけた。





manakakawai

ゴールデンウイーク突入前に書いた環境整備@知ってもらう準備。
徐々に進んでます。
まだ撮影が終わってないので写真は手持ちの中から使っています。
今回撮影を依頼するカメラマンは、自身もレースに参戦中という女性ライダーです。
しかもモデルもこなすというマルチなライダー。
クリエイティブなことが大好きで川井麻央選手も大好き。
大好きなことずくめの撮影になるので今から楽しみ!!
 


manaka kawai.com
環境整備。
ライダー自身は走ることに一生懸命。
その一生懸命を知ってもらう。
知ってもらうことは簡単なようで難しい。
まずは興味を持ってもらったら検索して自分を知ってもらって
興味を持ってもらう。
まずはWEBSITE持ってないと話しにならないと思う。
SNSではオフィシャルにならないと思ってます。
偏らずにSNSも活用して多くの人に自分の一生懸命を知ってもらう。
まずはその準備。
 

TE-SPORTS

先日このブログでも書きましたレディスライダーの環境整備
始めます。
弊社コンテンツJAPAN WOMENS RACING MOTOCROSS発信で
メーカーからチームへ
チームからライダーへ
ライダーからファンへ
この環境整備に合わせてイベントも始めます。 
詳しい詳細は近日お知らせします!
業界の外から見られて、見てもらって、参加してもらって。
当たり前のことが当たり前になるように。

ブログ

ライダーがんばりました!
結果がついてきませんでした。
悔しすぎてリザルト見てません。
チームとしてまだまだ実力不足。 
気持ち切り替えて次のレースにに向けて練習します。
5月のSUGOフロンティア、関東選手権第4戦に参戦します。 

↑このページのトップヘ