kohji

















今日の東京は曇り空。
雲のあいまから、少し日が差し込んでます。

今日はとても淋しい事がありました。
大河原功次が引退です。
大河原レーシングの掲示板に本人から発表されてます。

同じ30代として陰ながら応援してました。
本当に残念です。

功次とは幼い頃からともに同世代でレースしてきました。
さかのぼれば、28年くらい前のポケバイ時代から。
その頃から鋭い眼光でレースしてました。

功次はワークスライダーになり、プライベートになり立場は
変われども勝利に対して貪欲に突き進んできたと思います。
引退には早すぎると思います。
レースで勝利する為に必要な要素を考えると引退なのかな?

最近は、40まで走ってよ。
なんてオレから功次に言った事もあった。
それは勝手にオレが功次に期待を寄せていただけだけど。
健ちゃんだってエンデューロでスゴイ成績出してるし、
まだまだ30代ライダーは活躍できる。

自分で道を切り開いていくライダーは最近少ない。
自分自身の価値を見いだせず、あっさりと辞めていく
ライダーが多い。
自分で積み上げた物が少ないから、ここでやっていこうという
気持ちがないのだと思う。だからあっさり辞めるんですね。
オレは現役時代はそんなライダーだった。
やっぱり全日本にしかない感動や達成感がある。
辞めた後、それに気がついても遅いし、そこには戻れない。
チームを持つようになってさらに感じます。
自分とこのライダーには、そういう思いはしてもらいたくない
と考えてます。

功次は、自分の道を切り開いていく数少ないライダー。
だからなおさら淋しいし残念です。
功次はまだやれるって思う。
引退はいつでも撤回できる。
ここでもう一度ふんばって近い将来、復活してほしい。

まだあきらめるのは早すぎると思う。